食事は毎日の生活での楽しみの一つ!入居前に確認しておきたい介護施設の食事内容をご紹介します

このサイトでは、介護施設での生活において大きな楽しみの一つである食事についてご紹介していきます。
やはり毎日のことですから、飽きずにおいしく食ベられるようにと施設ごとに工夫を凝らしています。
旬の食材を取り入れていたり、地産地消を意識しているなど、素材にこだわったメニューが食べられる施設もあります。
また施設によっては、見学の際に試食ができるところもあります。
入居された後に聞かれる生活への不満として「ご飯がおいしくない…」といった声が聞かれることもありますから、事前に良く調べて納得のできる施設選びをしたいものですね。

食事は毎日の生活での楽しみの一つ!入居前に確認しておきたい介護施設の食事内容をご紹介します

介護施設での食事提供には、大きく分けて二つのパターンがあります。
それは、自社で作っているか、外部の業者さんが作っているかの2つです。
自社で作っている場合には厨房の職員もその介護施設の従業員となります。
そのため融通が利きやすく、個々の好みや食事の形態に合わせて対応しやすいと考えられます。
行事やイベントで特別メニューが出る日には、夜中から準備する施設もあるとか。
外注の場合は、施設の厨房設備を借りて業者さんが食事を提供します。
わかりやすく言うと学食や社員食堂のイメージです。
大量調理になれた専門の業者さんが作るので、コストパフォーマンスにも優れていて安定感があると言えるでしょう。

介護施設では健康を考慮した食事が出される?

日本では高齢者に対して、手厚い保護がなされている国です。
昨今では介護施設の件数が多くなっており、どなたでも気軽に利用ができるようになりました。
なかには完全介護をメインにサービスを展開されているところもあり、自宅ではなく専門スタッフがいる環境下でゆっくりと余生を過ごすことも可能です。
これから介護施設を利用なさろうという方も多いでしょうが、この施設でもっとも行き届いていることは健康面を考慮した食事を提供されている点です。
簡単にその内容に触れると、60歳以上の方の場合は1日1500kcal程度のカロリーで十分なエネルギー量です。
その数字をしっかりと管理栄養士が把握をされており、範囲内におさまった食事を提供されています。
食べることは健康寿命にも大きく反映をされており、栄養素も十分行き届いたご飯を毎日出されるわけです。
介護施設の魅力は、今現在元気な方がより良い人生を歩まれるようにとも考えていることがわかります。

介護施設の食事の献立はバラエティ豊か

介護施設というと、ひと昔前は療養施設とも称されていました。
完全介護をメインにサービスを展開されるのが一般的でしたが、現在では今現在健康な方でも入居をされるケースが多いものです。
そして寝起きだけでなく食べる食事も提供されますが、非常にバラエティ豊かな献立を考案されているのもポイントです。
ここで簡単に、今現在の介護施設における食事の概要をご紹介していきましょう。
まず季節の旬な野菜・肉などを用いた御膳が用意されるのが基本となっています。
たとえば主菜にサバの味噌煮込みを用意したり、4月ならタケノコごはんといった具合です。
これらは管理栄養士が指導をして介護施設内で調理もされます。
出来立てで温かいご飯を食べられる点も魅力といえるでしょう。
12月ならクリスマスの日にケーキも出るので、楽しみになさっている方も多いほどです。
献立には随時入居者のリクエストも反映をされるため、楽しみ甲斐もあって注目したい点になります。

介護施設では食事で季節を感じられる

介護施設では、食事をしっかりととることが出来るように考えられています。
介護施設には季節感を持った食事を提供することがあります。
旬の食べ物を口に出来るというのは、とても良いことです。
季節を感じられる食べ物は、プロがしっかりと判断して年配の方でも口にしやすいように考えて提供されています。
美味しいもので食べやすく、味付けもきちんとされたものは年配の方にも安心して食べるものを選んでいるので、「美味しいものを食べたい」という人には嬉しい時間でしょう。
介護施設は季節感を持った室内にしたり、運動などもお散歩や季節の空気を感じられるものにしているそうです。
いろいろな方法で季節を感じることが出来るよう、スタッフは常に考えているということです。
介護施設は多くの利用者がいるので、それぞれに対応しやすいように考えて工夫しています。
介護の現場ではなかなか季節を感じないときには、ご飯だけでも小さな季節を取り入れようというのはいいです。

介護施設で食べられる食事の種類は?

介護施設で日々過ごされている高齢者にとって毎日の食事は楽しみのひとつであり、好みも一人ひとり異なっています。
しかしさまざまな病気や加齢に伴う嚥下機能の低下にともない、好みだけでなく安心安全に食べることが必要になっています。
介護施設で提供されている食事には、一般的な家庭などで提供されている普通食、食べる力に合わせて作られた介護食、病気やアレルギーに対応した治療食の3つに大別されます。
介護食には、ミキサーにかけて液状に近い状態にした「ミキサー食」、細かく刻んだりすり潰した状態の「刻み食」、葛紛や片栗粉でとろみをつけた「とろみ食」などがありそれぞれ嚥下の状態や咀嚼力に合わせて対応することができます。
また治療食とは、糖尿病や腎臓病などの病気で制限しなくてはいけない食品がある場合に対応したものです。
好き嫌いだけでは対応不可な施設が多いですが、アレルギーがある場合には対応可能な場合が多くさまざまなニーズに応じて提供されています。

食事の内容だけでなく介護施設の食事環境も要チェック

人生100年時代が到来した今、全国各地では色んな介護施設が点在するようになりました。これから入居を考えられている方も多いでしょうが、その際は一件だけでなく複数件の施設を見学するなりして候補を見つけていきましょう。その際に注目をしたい点は、食事です。寝起きだけでなく飲食も提供をされるため、吟味をするための大切なポイントになるわけです。介護施設の場合、食事環境は入居をなさる方の体調に見合ったものをサービスで提供をされます。たとえば、年齢を重ねると飲み込む力が弱くなりますが、これに対応をして流動食を出されるところはケアが行き届いているといえるでしょう。食事環境で好きなものだけでなく苦手なメニューが出た場合、好みの副菜に取り換えてくれることも確認をしないといけません。食事は年齢を問わず多くの方の生き甲斐となるので、しっかりと事前に要チェックをしておかないといけません。また、メニューに目を通してみるのもおすすめです。

介護施設の週間・月間の食事をチェックする

年齢を重ねると、ひとりで暮らしていくのが大変になります。健康問題を抱えている方ほど、そのハードルも高くなるため介護施設に入居をして過ごしやすいしスタイルに変化をさせることが重要です。これから入居を考えている方も多いでしょうが、そのときは何件かをピックアップして気に入った介護施設を見つけることにしましょう。その参考材料として役立つのが、食事に着目をする点です。多くの介護施設では、毎日提供をするメニューを月間献立表に記載をされる傾向にあります。週間・月間の献立は公式ホームページでもアップをされるので、なるべくご自身にとって魅力的なものを用意されているところを選ぶのがポイントです。また介護施設によっては、施設内で調理をするだけでなく外部委託というスタイルで弁当を用意するところもあります。この場合は月間献立が見られない場合もあるので、直接問い合わせをすることになるでしょう。食事は生き甲斐にもつながる大切なポイントです。

介護施設の食事で最も注目すべきは朝食

人間が健康的で健やかに生活をするには、しっかりと3食食べなくてはいけません。タンパク質に脂質・糖質などの栄養素をバランスよく摂取をするのが基本です。若い方だけではなく年齢を重ねた方でも、1日2000kcalのエネルギーが必要で、とくに朝食が大切です。ご家族のなかには年齢を重ねて介護施設に入居をしよう、またはしているという方も多いことでしょう。ここではこれから介護施設に入居をなさる方に向けた、参考にできる素材をご紹介します。注目をしたいのは食事メニューで、どのような朝食が出されているのかを確認することです。多くの介護施設で見学会を実施されており、その際に受け取れるパンフレットに内容が記されています。朝の食事であれば、和食だけでなく洋食も選べるところを利用しましょう。そして介助サービスも実施をされているところであるほど、多くのスタッフが在籍していることをあらわしています。この点にポイントを定めるのが大切です。

介護施設の食事で注意すべきポイント

厚生労働省が調査をしたところ、2020年の段階で約6100万人ものかたが介護施設に入居をされていることが明らかとなりました。その大半が介護を受けており、今後はさらに増加をする見込みです。今では都市部だけでなく郊外でも数多くの介護施設が点在しており、比較的利用がしやすくなりました。これから入居を考えている方も多いでしょうが、その際に注意をしたいことがあります。その注意点とは、食事をする際のケースです。健康な方であればご自身で好きなものを口にすることが可能ですが、身体の自由がきかない場合はそうはいきません。また認知症などを患っていると、しっかりと食べ物を飲み込めないこともあります。これらに対応した食事を出している介護施設を探すことが必要です。そして管理栄養士が在籍をしており、一人ひとりの状態に見合ったメニューを考案してることも確かめておきましょう。デイサービスなどでは宅配給食になることもあります。

介護施設の食事を宅配してもらうことは可能?

昨今では、高齢者に対して手厚いサービスを用意している事業所が多くなりました。2020年の段階で60歳以上の方の総人口が約6000万人となっており、日本は超高齢化社会へと突入をしたわけです。そのため、政府ではより良い暮らしができるようにと、介護施設の誘致も進められました。なかにはデイケアーという在宅のサポートもあり、食事面のお世話を受けることも可能です。簡単にその概要を説明すると、介護施設に依頼をすることで毎日口にしている食事のデリバリー宅配をなされるものとなります。介護施設では必ず管理栄養士が指導をして、年配の方でも安心して食べられるごはんを作られます。宅配の場合は弁当というスタイルで届けられるので、自分で調理をする手間も掛かりません。魅力としては副菜と主菜の両方を摂取できるケースであり、栄養素だけでなくカロリー計算もなされています。そして療養食というものもあり、持病をケアしたものを摂取できます。

に関する情報サイト
介護施設の食事ってどんなもの?

このサイトでは、介護施設での生活において大きな楽しみの一つである食事についてご紹介していきます。やはり毎日のことですから、飽きずにおいしく食ベられるようにと施設ごとに工夫を凝らしています。旬の食材を取り入れていたり、地産地消を意識しているなど、素材にこだわったメニューが食べられる施設もあります。また施設によっては、見学の際に試食ができるところもあります。入居された後に聞かれる生活への不満として「ご飯がおいしくない…」といった声が聞かれることもありますから、事前に良く調べて納得のできる施設選びをしたいものですね。

Search