食事は毎日の生活での楽しみの一つ!入居前に確認しておきたい介護施設の食事内容をご紹介します

このサイトでは、介護施設での生活において大きな楽しみの一つである食事についてご紹介していきます。
やはり毎日のことですから、飽きずにおいしく食ベられるようにと施設ごとに工夫を凝らしています。
旬の食材を取り入れていたり、地産地消を意識しているなど、素材にこだわったメニューが食べられる施設もあります。
また施設によっては、見学の際に試食ができるところもあります。
入居された後に聞かれる生活への不満として「ご飯がおいしくない…」といった声が聞かれることもありますから、事前に良く調べて納得のできる施設選びをしたいものですね。

食事は毎日の生活での楽しみの一つ!入居前に確認しておきたい介護施設の食事内容をご紹介します

介護施設での食事提供には、大きく分けて二つのパターンがあります。
それは、自社で作っているか、外部の業者さんが作っているかの2つです。
自社で作っている場合には厨房の職員もその介護施設の従業員となります。
そのため融通が利きやすく、個々の好みや食事の形態に合わせて対応しやすいと考えられます。
行事やイベントで特別メニューが出る日には、夜中から準備する施設もあるとか。
外注の場合は、施設の厨房設備を借りて業者さんが食事を提供します。
わかりやすく言うと学食や社員食堂のイメージです。
大量調理になれた専門の業者さんが作るので、コストパフォーマンスにも優れていて安定感があると言えるでしょう。

介護施設では健康を考慮した食事が出される?

日本では高齢者に対して、手厚い保護がなされている国です。
昨今では介護施設の件数が多くなっており、どなたでも気軽に利用ができるようになりました。
なかには完全介護をメインにサービスを展開されているところもあり、自宅ではなく専門スタッフがいる環境下でゆっくりと余生を過ごすことも可能です。
これから介護施設を利用なさろうという方も多いでしょうが、この施設でもっとも行き届いていることは健康面を考慮した食事を提供されている点です。
簡単にその内容に触れると、60歳以上の方の場合は1日1500kcal程度のカロリーで十分なエネルギー量です。
その数字をしっかりと管理栄養士が把握をされており、範囲内におさまった食事を提供されています。
食べることは健康寿命にも大きく反映をされており、栄養素も十分行き届いたご飯を毎日出されるわけです。
介護施設の魅力は、今現在元気な方がより良い人生を歩まれるようにとも考えていることがわかります。

介護施設の食事の献立はバラエティ豊か

介護施設というと、ひと昔前は療養施設とも称されていました。
完全介護をメインにサービスを展開されるのが一般的でしたが、現在では今現在健康な方でも入居をされるケースが多いものです。
そして寝起きだけでなく食べる食事も提供されますが、非常にバラエティ豊かな献立を考案されているのもポイントです。
ここで簡単に、今現在の介護施設における食事の概要をご紹介していきましょう。
まず季節の旬な野菜・肉などを用いた御膳が用意されるのが基本となっています。
たとえば主菜にサバの味噌煮込みを用意したり、4月ならタケノコごはんといった具合です。
これらは管理栄養士が指導をして介護施設内で調理もされます。
出来立てで温かいご飯を食べられる点も魅力といえるでしょう。
12月ならクリスマスの日にケーキも出るので、楽しみになさっている方も多いほどです。
献立には随時入居者のリクエストも反映をされるため、楽しみ甲斐もあって注目したい点になります。

介護施設では食事で季節を感じられる

介護施設では、食事をしっかりととることが出来るように考えられています。
介護施設には季節感を持った食事を提供することがあります。
旬の食べ物を口に出来るというのは、とても良いことです。
季節を感じられる食べ物は、プロがしっかりと判断して年配の方でも口にしやすいように考えて提供されています。
美味しいもので食べやすく、味付けもきちんとされたものは年配の方にも安心して食べるものを選んでいるので、「美味しいものを食べたい」という人には嬉しい時間でしょう。
介護施設は季節感を持った室内にしたり、運動などもお散歩や季節の空気を感じられるものにしているそうです。
いろいろな方法で季節を感じることが出来るよう、スタッフは常に考えているということです。
介護施設は多くの利用者がいるので、それぞれに対応しやすいように考えて工夫しています。
介護の現場ではなかなか季節を感じないときには、ご飯だけでも小さな季節を取り入れようというのはいいです。

介護施設で食べられる食事の種類は?

介護施設で日々過ごされている高齢者にとって毎日の食事は楽しみのひとつであり、好みも一人ひとり異なっています。
しかしさまざまな病気や加齢に伴う嚥下機能の低下にともない、好みだけでなく安心安全に食べることが必要になっています。
介護施設で提供されている食事には、一般的な家庭などで提供されている普通食、食べる力に合わせて作られた介護食、病気やアレルギーに対応した治療食の3つに大別されます。
介護食には、ミキサーにかけて液状に近い状態にした「ミキサー食」、細かく刻んだりすり潰した状態の「刻み食」、葛紛や片栗粉でとろみをつけた「とろみ食」などがありそれぞれ嚥下の状態や咀嚼力に合わせて対応することができます。
また治療食とは、糖尿病や腎臓病などの病気で制限しなくてはいけない食品がある場合に対応したものです。
好き嫌いだけでは対応不可な施設が多いですが、アレルギーがある場合には対応可能な場合が多くさまざまなニーズに応じて提供されています。

に関する情報サイト
介護施設の食事ってどんなもの?

このサイトでは、介護施設での生活において大きな楽しみの一つである食事についてご紹介していきます。やはり毎日のことですから、飽きずにおいしく食ベられるようにと施設ごとに工夫を凝らしています。旬の食材を取り入れていたり、地産地消を意識しているなど、素材にこだわったメニューが食べられる施設もあります。また施設によっては、見学の際に試食ができるところもあります。入居された後に聞かれる生活への不満として「ご飯がおいしくない…」といった声が聞かれることもありますから、事前に良く調べて納得のできる施設選びをしたいものですね。

Search