介護施設の見学で食事を味見できる

介護施設の見学で食事を味見できる

介護施設は入所前に見学することが可能な場合があり、食事の試食を出来るところもあるようです。
介護施設は入居者が長く滞在する場所であり、介護の現場でもあるので簡単に決めることが出来ません。
特に食べ物は一日のなかでも楽しみのひとつになるだけではなく、その施設での唯一「選ぶことが可能なもの」なのです。
食事は一日に三食するものなので、見学をするときにはしっかりとチェックしておきましょう。
美味しいか、食べやすいかだけではなく、介護施設の状態や考えも把握することが出来ます。
三食を口にすることになる食の時間は、その施設の考え方がわかりやすく出るので、試食は必ずした方が良いものです。
介護施設をしっかりと経営しているか、スタッフの質やプロとしての意識の高さなどもチェックするポイントです。
美味しいのはもちろん、利用者に合ったものを提供できるのかを考えれば、試食をするのは当たり前のことだと言えるでしょう。
介護の現場では、食はその施設を判断するポイントになります。

食事にセレクト食を採用している介護施設がおすすめ

和食や洋食と言ったカテゴリーの好みはもちろんのこと、その日の体調によって消化の良いものを食べたい、逆にお腹が空いているのでしっかり食べたいなど違いが出ることがあります。
そんな時はいくつかのメニューの中から自由に選べるセレクト食を採用している介護施設がおすすめです。
介護施設に在籍してる管理栄養士が栄養のバランスに配慮した、複数のメニューが毎日提供されています。
もしも似たような食事になってしまっては飽きてしまうばかりか残してしまうことも考えられますが、バリエーションがあれば毎日楽しく、そしておいしくいただけます。
季節の旬な食材を贅沢に使用し、介護施設の専属で一流レストランなどに勤務経験のある料理人が腕によりをかけて作った料理は和食でも洋食でもどちらに仕上げてもおいしく、食事を楽しみにしている入居者も多いです。
セレクト食を採用した介護施設では、充実した食生活が待っていることから入居者が毎日いきいきと暮らしています。

に関する情報サイト
介護施設の食事ってどんなもの?

このサイトでは、介護施設での生活において大きな楽しみの一つである食事についてご紹介していきます。やはり毎日のことですから、飽きずにおいしく食ベられるようにと施設ごとに工夫を凝らしています。旬の食材を取り入れていたり、地産地消を意識しているなど、素材にこだわったメニューが食べられる施設もあります。また施設によっては、見学の際に試食ができるところもあります。入居された後に聞かれる生活への不満として「ご飯がおいしくない…」といった声が聞かれることもありますから、事前に良く調べて納得のできる施設選びをしたいものですね。

Search